2014年1月1日時点でのdsakiのポートフォリオ

f:id:dsaki:20140104231603p:plain

(※信用買い含む)

個人的にスマートフォンアプリ市場はまだまだ拡大の余地があると思っているので、私の投資先はすべてスマホアプリを作っている会社です。

その中でも特に、ネイティブアプリをガチで作っている会社。 私のスタイルとして、日々リリースされる多くの基本無料型ゲームを実際に触ってみて、自分が本当に面白い(流行る)と感じたゲームなら本気でお金を使い、そしてその会社の株も同時に購入します。

去年、コロプラから「魔法使いと黒猫のウィズ」がリリースされた時は、配信間もない頃から数万円をぶっこみ、株式市場でも信用取引ですごい額をぶっこみました。

今年もこのセクターでは様々な会社の栄枯盛衰が見られること間違いないので、投資をしない人も株価をチェックするだけで楽しめるかもしれません。

では以下、私の保有している銘柄それぞれの希望(笑)です。

3668 - コロプラ

去年の株価上昇率ではこのセクターの中で最大だったのではないでしょうか。黒猫、野球、三国志と立て続けにヒットを飛ばしている今一番イケイケな会社です。 時価総額で見ればもう既に割高水準なのですが、成長企業なのでPERとかそういった指標は関係ありません。確実に面白い作品を生み出してくれるコロプラは迷わずbuyだと私は考えています。(株式市場全体の空気も考慮して)

来年の頭には、黒猫のウィズを作った社内チームの手がけた新作がリリースされるということでとても期待できます。

Cygamesとかその他多くの会社がやってる”ヒットしたアプリをパクっちゃえ”戦略ではなく、今まで世になかったモノを作る、良い意味での"冒険"にいつもチャレンジしているのがこの会社の特徴です。

2489 - アドウェイズ

ここは去年の12月に急いで購入した銘柄です。元々は広告事業を展開する会社でしたが、スマホアプリ黎明期に「カイブツクロニクル」というゲームが大ヒット、一時はゲーム屋になるのかとも思っていたのですがその後はヒット作に恵まれず仕舞い。パズドラの台頭後、ゲーム事業はおそらく息をしていませんでした。 しかし、そんな中でのコパン買収。

アドウェイズ、『古の女神と宝石の射手』で知られるコパンをわずか45万円で買収 | Social Game Info

コパンは10月に「古の女神と宝石の射手」というゲームを配信したばかりの謎の会社。私はこのゲームの配信開始日からプレイし既に何万円も課金していたので、このニュースは衝撃でした。そして、次の日の株式市場でアドウェイズを購入したのですが、その日朝の株価はまさかの前日比-3%、市場はこのニュースを材料として捉えなかったようでした。

宝石の射手は細部までよく作られた(よくお金を使わせるように作られた)かなりハイクオリティなゲームです。このレベルの作品を手がける会社が二束三文で子会社になる、アドウェイズは迷わずbuyでした。

3656 - KLab

MSワラント、大幅下方修正、ラブライブ、単月黒字、AOE、増資に次ぐ増資と、燃料の提供が途絶えることのなかった、みんな大好きKLab。(以下、蟹)

全力2階建てというサイトでも度々ネタとして話題に上がりました。

失速した成長企業がクソ株として広く認知される瞬間、ソーシャルゲームのKLabが決算で真っ赤に茹であがる : 市況かぶ全力2階建

ラブライブ信者からのお布施期待で昏睡状態にあったKLabの意識が戻る : 市況かぶ全力2階建

ラブライブでKLabの暴落が無かったことになる。その裏でMSワラントのメリルリンチ日本証券が蠢く。 : 市況かぶ全力2階建

ラブライブに助けられたKLabが大手広告代理店博報堂とクソ株専門投資会社OaKキャピタルに助けを求めて前人未到の領域に突入 : 市況かぶ全力2階建

KLab筆頭株主の真田社長5万株ほど株を売る : 市況かぶ全力2階建

IT界トップを目指すKLabが黒字の“蟹の足”部門を訳あり特別価格でアクロディアにご奉仕 : 市況かぶ全力2階建

蟹って脱皮に失敗して死ぬことが結構な割合であるらしい。KLabの場合は結構な割合で投資家が死ぬ。 : 市況かぶ全力2階建

しかし、蟹の作るゲームはラブライブを始め実に良く出来ていて、それだけになぜ赤字なのか全く理解できません。年間の売上高で見るとコロプラと同じくらいだったりします。

短期借入金を返済するために増資をして首の皮をつなげているような状態なので、蟹が何を作っているのか知らない投資家には全く魅力のない銘柄だからこその今の株価だと思われます。。

来年リリースされるであろうAOEまでキャッシュがもてさえすれば、スマホアプリ界3強の会社に入れる可能性は十分にあるのではないかと。